あなたは「神」が本当にいると思いますか?
今、そういった質問を投げかけたいもしくは、この質問に興味があるあなたの心に、どんな思いが溢れていますか?

 

連続テレビ小説、10月22日放送の第94回にて、こんな台詞がありました。

「私は、こう答えました。落ちろ、落ちろ…どん底まで落ちろ。その意味、あなたにわかりますか?」

これは、焦土と化した長崎、広島の地を見た若者が劇作家・池田二郎に
「神は本当にいるのですか」と問いかけて来たときに、答えた言葉です。

さぁ、あなたにわかりますか?
神様はいるのでしょうか?

 

続く放送で答えがあります。

それは、どん底まで落ちることで、そこには大地があり、そこには希望がある。
そして幸福は、そこから育っていくと言うようなことのようでした。

 

これで納得いった人もいれば、はにゃ?となった人もいたのでは?

 

私自身、とことん落ちたら後は上がるだけだ。
そういった考えはあります(^^)

ただ、ふと思ったんです。

「神は本当にいるのですか」の回答になっているのか?と(^_^;)

 

この時「神」が何を意味するのか?
どんな共通イメージの「神」がそこにあるのか?
この話が納得行くか、行かないかの分岐点にもなりそうだよね。

そこには「宗教」があり、「神」の概念があるからね。
この「概念」が違うと、話は大きくそれるし、答えをごまかされた!という気分になるかもしれない。

私は「神」に対しての概念はあまりないので、何を表しているものかあまりピンとこなかった(^_^;)

 

だけど、私自身が「神様はいるのか?」と考え、自分の境遇に泣いたあの日の私の神への概念は

  • 正しい行いをしていれば、さほど不幸は訪れない
  • そこに愛があれば、やがて報われる

そんな考えを持っていた。

 

だから、自分が困難の真っ只中にいた頃は

私が何したというの?
悪いこともしたこともあったけど、そこまで悪い子としてないよ!
もっと悪い子としてる人いるじゃん!
これは何の罰なの?

そんな風に考えてたんだよね

 

そんな概念があるから、更に悩みをこじらせていたんだ(^_^;)

 

なので改めて思い出して、考えてみた。
私がどん底まで落ちたと感じ、何もかも失ったと感じた時、何が見えたかを。

  • そこには“愛”しかなかった
  • 貴重な時間だった
  • あの時間、私は一生懸命生きていた
  • 私はどんな時(喜怒哀楽)も、幸せだった

というものだ。

 

そしてたどり着いたのは

“感謝”

だった。

 

全てに感謝した。

全ての関わりが

苦しかろうが

幸せだろうが

愛でしかなく、感謝でしかなく、ただただ愛おしい営みなのだったのだと。

 

だからこそ、あの時前を向いて歩き出した時の思いは

  • 毎日を大切に生きよう
  • 生きるのが下手でも良い
  • 人付き合いが苦手でも良い
  • 傷つけ合うことがあっても良い
  • 間違っても良い
  • 自分に正直に生きよう
  • 正直に生きられなくても良い
  • “今”にいよう

そういったものだった。

これは、「希望」というよりもほんと『感謝』から起きたものだったんだよね。

 

だからね「神は本当にいるのですか?」への答えは、人それぞれになると思うのだけど
絶望を感じた時、更にとことん落ちることで、自分の答えが見つかり、前を向けるとは思うんだよね(^^)

あなたは、どう思いますか?

答えなんて、1つじゃないからね!
正しさだって、1つじゃないからね!

いろんな答えがあって良いと思うんだ(^^)

 

せっかくの機会なので、いろいろ考えておくと、悩みや困難が起きた時、
自分を助ける考え方が身についていくよ。

 

だからね、私に「神は本当にいるのですか?」と聞かれたなら私は

わからない

と答える。

 

聞いてきた人が他者であろうが、私自身であろうが。
そして、そう聞きたくなっている状況や心境に、ただ寄り添いたいと私は思う。

 

自分にある納得できる答えを見つけ、自由な人生を生きるために、自分について考える力をドンドン養おう!


あなたは
あなたのままで良い

あなたじゃない人に
なろうとしなくて良い

そのために大切なのは
自分を深く深く理解すること

ゼロから始める,自由な自分を生きる|セルフコーチングレッスン|
▼▼▼▼

お名前(姓名)



メールアドレス