客観視点を持っていると、悩みに飲み込まれづらくなります。
飲み込まれたとしても、その渦から抜け出しやすくなります。

悩みが深くなる・悩みが長引く理由

私達は出来事を見て、悩みが生まれると

  • 自分を客観視できず
  • 悩みに飲み込まれて事実が見えなくなり
  • 妄想に悩み迷い
  • 大切なことを見失う

傾向にあります。
しかしそうなっていることに、なかなか気づ来ません。

そして誰かがそれに気づかせようと助言しても、抵抗し気づこうとしません。
無意識からの抵抗なので、相手が自分を思っているのをわかっても抵抗してしまいます。
すると更に、自分を苦しめ始めるような思考が走ります。

これは思考の暴走とも言えます。

冷静に出来事を眺め、理解し、対応するために

私がセッションを行う時、棒人間を使って

  • 今何が起きているのか?
  • どういう状況に観えるのか?

をお伝えすることがあります。

それをすると

  • 客観視点を持てる
  • 深刻さが減る
  • 新たな思考(アイデア)回路が動き出す

というメリットがあるからです。
それに併せてイラストにある緩みもプラスされ、新しい思考回路が解決の糸口へ導いてくれることが多いんです。

本来、棒人間でなくても構いません。
指1本や、手のひら、物をそれに見立て客観視するという方法もあります。

そういった方法も使いますが、私が絵を描いて観るのが楽しく、説明しやすく、深刻さが緩むので絵を描くことが多んです。

決して絵が上手なわけではありません(^.^;
絵を描くのは好きです。
しかし、

  • 絵でご飯を食べたい!
  • 24時間描いてても良い!
  • クオリティーを上げたい!

そういったレベルの好きではありません(^.^;

『ほっこりするから好き』という好きです。
※う~んこれも語弊があるのかなぁ?

増える棒人間好き

そんな風にセッションをしていると、この棒人間ファンが増えていました(^o^)
「棒人間で癒やしが起こる」とも報告されているので、アート(カラー)セラピーとしても利用しています。

更に、棒人間は基本的に「丸」と「棒」で描きます。

  • だから棒人間なら描ける!
  • 客観視を助けてくれる!

と報告もあります。

しかし!先日のセッションの時

  • 数パターンの棒人間しか描けません
  • 表情のレパートリーがないんです
  • ポーズが取れません
  • 思い描きたいように、その様子が描けないんです

と相談をいただきました。

そこで!!!

セルフコーチングに役立つ棒人間描き方シリーズを始めます

客観視点を養い、悩みに飲み込まれない「自分構築」のために、
セルフコーチングに役立つ、棒人間描き方シリーズを時折お送りすることにしました(^^)

決して私自身、絵がうまいわけではありません(^.^;
ポーズなんて描かせりゃ、バランスなんて取れないし、腕から足が出ているように見えることもあります(^.^;
しかし、それでも良い!との要望なので、描き方シリーズを始めることにしました。

今日はその挨拶まで(^^)
楽しみにしててください♪

▼ ▼ ▼