※私の解釈を含めた説明になっていますことを、先にご了承くださいませ。

「インナーチャイルド」は簡単に言うと「内なる子ども」と言われる存在です。
この「内なる子ども」が、本当の気持ちや本音の象徴だとされています。

この存在は私達が大人になる過程(育つ環境・人間関係・情報・経験)の中で、培ったものと考えられています。

このインナーチャイルドは、自分を守ろうと健気に働いています。
ただ厄介なのが「当時はその方法で自分を守れた」ということであって、今はその方法では辛いにも関わらず、まだその方法で守ろうとし続けているということなんです。

こういった「インナーチャイルド」というのも、自分を客観視するための1つの考え方だと私は捉えています。
ただ擬人化したほうが理解しやすく、自分を見つめるきっかけになるので、私はこの考え方を推奨しています。

ここからの解説は多くの場所で語られているものと、私の解釈が混ざっているという前提でお読みください。

心の葛藤が起こる理由

このインナーチャイルドは、1人ではありません。
複数人があなたの中に存在しています。

ですから「Aという方法でうまく行った!」という子どもと、その後「Bという方法でうまく行った!」という子どもの言い合いが生まれていることも多くあります。
それが心の葛藤となり、今を生きる自分に多大なるストレスを与えているのです。

ですが、悪気は一切ありません!

本当に健気に、あなたを守っているんです。
この子達の目的は、あなたの「命」を守ることです。

ただどうしようもなく「生きていることが死に値する」という状態になった時、命を断つことを選ばせてしまうこともあります。
そうなる前に、この子達の声を聞くことが大切です。

インナーチャイルドの目的

この子達の目的は、

  • 命を守ること
  • ありたい姿を生きること
  • したいことして生きること
  • 大切にしたいものを大切に生きること

と考えられます。
現代社会に生きる私達は、そうそう命を脅かされる場面に遭遇しません。

しかしこの内なる子どもは、命を脅かされる場面に多く遭遇してきました。
それは、子ども時代が不幸であれ、幸せであれです。

究極なる怖がり

私達は裸一貫で生まれます。無防備も良いところです(^.^;
そもそも「生きる」を目的に命となったので、母体で命となった時から自分を守らなければなりません。

母体から生まれる時は、大きな分離感があったことでしょう。
そして無菌状態だった世界から、菌がウヨウヨいる世界に出されるのです。どんな気持ちだったんでしょう。
この時から更に、自分の命を守る活動が活発になったと考えるのは容易だと思います。

生まれた場所は未知の世界です。
しかし生まれてしばらくは、「自分」と「その他」という認識もなく、「全てが自分でしかない」と捉えていると言われています。

しかし、どこかで分離を感じている。※母体から離れたので
そんな中、

泣くと大人が寄ってきます。
何やらお世話をされます。

「おぉ、これは心地よい」「ひとつに戻った感覚がある」「泣くと良いんだ」と学びます。

そして親や世話をしてくれる人との間に、見えない糸を感じていると言われています。
だからまだ眠りが浅い段階で、大人が隣の部屋へ行き扉を閉めると、その糸がプツンと切れた感覚に陥り、大泣きするそうです。

この様に何も知らず、何もわからなず、不確かな自分という存在を認識し、他者と自分は違うと認識し育っていくのです。
その中で、自分を守る方法。養ってもらう方法を獲得していくんです。

それはもう不安でしょう。怖かったでしょう。必死だったことでしょう。
究極の怖がりで、必死で自分を表現してきたと言えるでしょう。

そして生き残る確立を高くした結果、私達は今を生きていると言えるんです。
誰もが裸一貫で生まれたのですから、幸せに恵まれた家庭で育とうが、不幸な家庭に育とうが、誰の中にもインナーチャイルドは存在していると言えます。

ただ育つ過程でインナーチャイルドとの良い関係を築けた人は、自分らしく生きることができているようです。
しかしそうではなく、インナーチャイルドに目を向ける機会が少なかった人は、インナーチャイルドとの良い関係を結べず、今に生きづらさを感じている可能性は大きいと言えそうです。

私達は常に自分を表現している

ここまで読み進めて、お気づきの方もいるかも知れません。

私達は幼き時から目的を持って、選択をしています。
そして表現をし続けているんです。

ただ目的を覚えていない。
目的を覚えていないので、表現しているのに表現していないと捉えている。

目的があったなんて、考えたこともない。
それは「自分を守る」だけが目的ではなく、「自分の欲求を通す」「自分の欲求を守る」ためだったという見方をしようともしない。

だから今に混乱を起こしているんです。
その背景には「考える力を養えなかった」ことも、大きく関係していると私は考えています。


あなたは
あなたのままで良い

あなたじゃない人に
なろうとしなくて良い

そのために大切なのは
自分を深く深く理解すること

ゼロから始める,自由な自分を生きる|セルフコーチングレッスン|
▼▼▼▼

お名前(姓名)



メールアドレス