※私の解釈を含めた説明になっていますことを、先にご了承くださいませ。

「インナーチャイルド」という言葉を聞いたことがある人は、比較的多いと思います。
それと似た言葉で「インナーパーソナリティ」と言うものがります。
これは「インナーパーソン」とも言われています。

インナーパーソナリティは「内なる人格(キャラクター)」である

「インナーチャイルド」は簡単に言うと「内なる子ども」と言われる存在です。
この「内なる子ども」が、本当の気持ちや本音の象徴だとされています。
そしてその定義が「子ども」であると言うことです。

その定義と少し異なるのが「インナーパーソナリティ」です。
子どもという定義だけではなく「人格(キャラクター)」であると定義されています。

  • 兄弟姉妹的な人格
  • 父親的な人格
  • 母親的な人格
  • 先生的な人格

といった誰かを模倣したような人格もあれば

  • 妄想好きな自分
  • 内気な自分
  • カッコつけな自分
  • お調子者の自分
  • 褒められたい自分
  • 世の幸せを願う自分
  • 計算高い自分
  • 恨みつらみを抱く自分
  • 拗ねる自分
  • 怒りん坊な自分
  • 泣き虫な自分

というような特化した特徴や性格・感情などの人格(キャラクター)が多岐に渡り、“自分”の中に存在するとされています。
時にいくつかの人格が重なり合うこともあるように、私は考えています。

このキャラクターを意識して書き出してみると、多くの人は10~30パターンほどは出せるそうです。
その44%がネガティブな人格で、56%がポジティブな人格と言われています。
いろいろ情報を見たところ、インナーパソナリティの数は数百はいるとされています。

インナーパーソナリティの定義

あくまで私が学んだ中での解釈ですが、

  • 私達が大人になる過程(育つ環境・人間関係・情報・経験)の中で培った性質や性格
  • 自分を守ろうとしているもの
  • 自分を成長させるもの
  • 自分を豊かにするもの
  • 希望を見出すもの

であり「自分の人生を彩る仲間たち」と定義づけています。

インナーチャイルドとインナーパーソナリティへの対応

このインナーパーソナリティへの対応や考え方については、インナーチャイルドと同じであると私は考えています。

  • インナーチャイルドか、インナーパソナリティーかを明確に区分することは難しい
  • 区分することになんら意味がない
  • 内なる子どもも、それぞれに人格を持っている
  • どちらも自分の中に存在し、「観ようとしなくては観えない存在」である

と捉えているからです。

インナーチャイルドがお父さんの様に振る舞ったり、お母さんの様に振る舞ったりしているとも思えるんですよね~。

内なる自分をイメージしやすい方法を取り入れる

こういったインナーチャイルドも、インナーパソナリティーも1つの考え方です。

大切なのは自分自身との「建設的な対話」です。
インナーチャイルド、インナーパソナリティーと捉えることで「自分」を「客観視」しやすくなります。
それにより「自分と建設的な対話」が生まれます。

その結果ネガティブな自分も、ポジティブな自分も受け入れ、自分らしく生きることが楽しくなっていきます。
自分らしく生きられるので、幸福度も上がっていきます。

ですからインナーチャイルドと、インナーパソナリティーを分類することに意味はありません。
どちらも内なる世界のことなので、大切なのは「内なる自分」を観るときに、どう捉えることが自分にとってそれをイメージしやすいかです。

すべてを人格を持ったインナーチャイルドと捉えても良いです。
すべてを内なる人格者と捉えても良いです。
両方が存在すると捉えても良いです。

こう捉えることで悩みが深まるなら、他の方法を採用したら良いんです。

自分自身と「対話できる」ことがなによりも大切なんです。

 

インナーチャイルドのページも参考に御覧くださいね。

 

▼ ▼ ▼