ネガティブを外に出すだけで終わらせない

イヤな事、困った事、悩める事、気になる事は

  • ちゃんと愚痴ったほう良い
  • ちゃんとぼやいたほうが良い

ちゃんと頭から外に出した方が良いんです。
だけど「出すだけ」だとネガティブを強化し、自分を追い込むことがあります。

ネガティブを強化しないために

ネガティブな感情や考えを、自分の中から外に出すのは

  • 思考を眺めるため
  • 自分を観察するため
  • 視点・視野を増やすため
  • ストレス削減のため
  • マインドリセットのため
  • ネクストアクションのため

であり、問題を直接的に解決するため・・・ではありません!

結果的に「解決の糸口」が見つかるし、心に平穏が訪れるけれど『目的』はそこにはないんです。

大きな目的は

問題にベッタリくっついて一体化した自分を問題から離し 、 客観的に眺めるために外に出すんです。

▼▼▼

 

ここを勘違いすると、余計に悩みを深くするから注意が必要です。

ネガティブを外に出す方法

イヤな事、困った事、悩める事、気になることは「ノートに書き出す」が基本です。

だけどノートに書くのも、エネルギーがいります。
だからノートに書けない時は

  • 誰かに話しても良い
  • 独り言としてブツブツ話しても良い
  • 大きなため息を付くのも良い

です。
とにかく、外に出すことが大切です。

ハッピー思考・成長思考を促すために

そしてハッピー思考・成長思考を育てていくために、忘れてはならないのが、出した後は良いこと、在ることを観る(出す|書き出す)ことなんです。

しかし、この部分を忘れることが多いんですよね~。
私もよく忘れていました(^.^;

良いこと・在ることを「観る」と「観ない」の違い

良いこと・在ることを観ることは

  • 視点・視野が広がり増える
  • ネガティブとポジティブのバランスが取れる
  • 思考・心・身体がラクになる

といったことが期待できます。

逆に、この良いこと・在ることを観ないままでいるとことは

  • 視点・視野が固定される
  • ネガティブへの執着が強化される
  • 思考・心・身体が窮屈になる

といったネガティブ面を強化する可能性が高くなります。

だから、ネガティブを外に出した後は必ず
良いこと・在ることを観る癖をつけてください。

こういったことを続けていくことで、ハッピー思考・成長思考が確実に身についていきます(^^)