お姑さんに会わないで良いことに関しては、コロナ万々歳!
ストレスが随分減った!

と思う一方…

だけどコロナは終わって欲しい。
だけど、コロナが終わったらまためんどくさい日常が…

もうお姑さんにストレスを抱えるのはイヤ。

はぁ…
あわよくば、このまま会わない方向になってほしい!
だけど、そうも行かないよね…
このままコロナで死なれるのもイヤだしな…
言っても夫のお母さんだし…

はぁ…
考えるのもめんどくさいわ(ーー;)
どうして私がこんなことで、心をざわつかさなきゃならないのよ(TOT)

だけど、だけど、だけど!
気が重い!
会わなかった分だけ、気が重い!怖くなる!
あ~!何を言われるだろ…
グチグチ言うかな…
言われたくないな…
あぁ・・・憂鬱だ…
関わりたくない…
気が滅入る・・

あぁ~ぁ…

なんて悩みを抱えてる人もいるのではないでしょうか?

私は50代で再婚したこともあって、今のお姑さんに対してどうこうってのまったくないんですけどね(^^)
だけど20代の初婚の頃は、お姑さんのことイヤだったうざいって思ってたなぁ~(^.^;

どうやったら会わずに済むだろう…
どうやったらさっさと帰れるだろう…

そんなことばっかり考えてました(^.^;

元夫がお姑さんと喧嘩して会わなくて良い時期があって、その時は「ラッキー!」なんて思ってたなぁ。

そんなわたしだけどね、約5年間自分の子どもの不登校・自傷行為などに向き合い、今心地良い関係を築いているからこそお伝えできることがあります。

それは超身近で、影響をしあう相手との関わりの中で生じる『反応』から、

  • 自分を見直し
  • 自分を知り
  • 人間本来の姿を知り
  • 事実と妄想を分け
  • 自分と相手を分け
  • 適材適所な対応をとり

心地良い距離感と関係を築いていくための方法だから、超身近な関係で悩む人には役立つ内容になっています(*^^*)

もし

コロナがあけてお姑さんに会うことを考えると、しんどい辛い!
今の心地よい気分のままでいたい
程よい距離感を保って付き合いたい
会わなかったことや、連絡をとらなかったことでとやかく言われたくない
聞き流せるようになりたい

  • 煙たい未来
  • 重苦しい未来

を創らず

  • 気軽な未来
  • 心地良い未来
  • 風通しの良い未来

を創るのに、今を変えていきましょ(^^)

ただ、慣れるまで、コツを掴むまで、少々時間がかかります。
だからこそ、より今できる方法なんです(^^)

ただ、自身の中で納得行く結論が出ていて、モヤモヤがないならこの先を読み進めなくて大丈夫です(^^)
誰とでも仲良くいよう!とは思いませんので(^^)

どんな関係や関わりでいるかなんて、人それぞれだからね。
自分の人生を、心地良く納得行くものにしていけたら良いなって思いますよ(^^)

 

姑嫌いだ!関わりたくない!を乗り越える ~コロナ禍で会わない今だからできること~

この話をしようと思ったのは、この記事を読んだから。

=> ずっと会えていない孫にしてもらって嬉しかったこと。祖父母234人に聞きました。

お孫さんに会いたいジジババが多いんだ~。
ジジババ笑顔になるんだ~。
なるよね~。
孫可愛いものね~(*^^*)

って、自分もバァバなので思うわけです。

だけどその反面
こんな記事を読んだら、お姑さんと反りが合わない人は、自分が悪者のようでイヤだろうな~って思ったんだよね(^.^;
別に悪くないのに。

で、この記事を読んでたらさ、孫を思うジジババを喜ばす人って、なんか良さげな人っぽく感じてくるしね~。
そう思えると、会いたくない。会わせたくない。そんな風に思う自分って最低!?
なんて思えたりもするんじゃないかなぁ~って。

関係が良かったら私だってできるよ!
だけど、そうじゃないんだ!
そんな風に、愚痴りたくもなるかな~って。

全然最低じゃないんだよね。

逆に、こんな風に悩む人ってベースが優しいからなんだもん。
優しすぎて、傷つきやすい、そして優しいから強い。
だから、混乱しているだけだって思うんだよね。

混乱から解放されるために知ろう『コミュニケーションの基礎』

まずコミュニケーションの基本中の基本として大切なのは…

自分を知ること

です。

自分を知らないと、自分を責めることになったり、事実が見えないまま、事態をややこしくしちゃうから。
適切な対応もできないし、無理も我慢もするし、時には攻撃的にもなる。

とにかくね、自分を知らないとホント無意識ながらも「事態をややこしくする行動」を取ってしまいがちになるんだよね。
だから「自分を知ろうとする」ことは、本当に大切なこと。

え~!?
自分のことはわかってますけど!

と思う人もいるかも知れないけれど、実はわかってるようでわかってないんだよ~。
私自身、随分自分の事わかってきたと思うけど、まだまだわかってないとも思うよ(^.^;

それほど、自分って奥深いんだよね。

嫌い!会いたくない!の奥には、自分の大切な欲求や価値観がある

例えばね、お姑さん嫌い!会いたくない!ってなってる時って、ほぼほぼソレしか見えてないと思うんだ。
そんな時って、お姑さんのイヤなことにばかり目が行って、自分が見えなくなりがちなんだよね。

自分が観えてないし、自分を観てないんだよ。
お姑さんば~~~っかり観てる。
そんなことが起きてるんだよ。

だけど、よく観ていくと

  • 心地よい時間を過ごしたい
  • 自分のペースを守りたい
  • 言いたいことを言いたい
  • 子どもの健康を守りたい
  • 自分がしたいことをする時間を持ちたい
  • 自分がイヤナことをする時間に、自分の時間を使いたくない
  • 行っても気を使うばかりで、楽しくない。気軽な楽しい時間にしたい。
  • 意味不明な義務を押し付けないで欲しい

といったことが出てくる。他にもいっぱい出てくると思う。
そして、これらをもっと掘り下げると更にもっといっぱい出てくる。

そこには、自分が満たしたい欲求や、大切にしたい価値観なんかがあるんだよね。
それを阻害されるから、イヤだ!って「反応」となって出てきてるんだよね。

だけど、そういった

  • 自分の欲求や価値観に気づいていない
  • その背景にある意図が自分で理解できてない

といったことがあるから、伝えることもできない。
ただただ「イヤ」が広がっていく。

漠然とした「イヤ!」「嫌い!」「会いたくない!」といった『反応』だけを見ているから、何も太刀打ちできない。
我慢するしかできない。

力を奪われたようで、大切なものを奪われたようで、更に反応してしまう。

力を取り戻すためには、奪われそう。粗末に扱われてる。と感じることが何かを知る。
それが具体的になれば、できる行動が見つかる。

行動が見つかると、力を取り戻すことができる。
すると、徐々に徐々に「嫌いだ!」「会いたくない!」の窮屈な思いから、距離を置けるようになってくるよ。

姑嫌いだ!会いたくない!気持ちをそのまま、書き出そう

そのためにね、会わないで済んでいる今だからこそ、そして気が重い今だからこそできることがあります。
それが「書き出し」です。

姑嫌いだ!大嫌いだ!
会いたくない!
うっとおしい!
めんどくさい!
ストレスでしかない!
関わりたくない!

そんな気持ちをそのままノートに書き出してください。
嫌いだ!苦手だ!って気持ちを、そのまま出しちゃいましょう。

サイテー!でも良いんです
サイアク!でも良いんです

自分の声を聞いてあげてください。

まずは、自分のそんな「イヤだ~!!」って思いを外に出さないと、建設的に考えることなんてまずできないからね(^.^;
まずは、悪口三昧で良いので出しちゃおう!
悪い子上等!で出しちゃおう!

自分の気持ちを要約していこう!

書き出せたら、書き出したノートを見て『要するに何を言いたい?何を言っている?』と眺めてみてね。
あなたメッセージではなく、わたしメッセージになっているかをチェックしてね。

【例】
私に立ち入らないで(あなたメッセージ)
私は私のことを、自分で決めたい(わたしメッセージ)

あなたメッセージ
主語が「あなた」になっている文章。
「要望」「判断」「批判」などを含むことが多い。

わたしメッセージ
主語が「わたし」になっている文章。
「欲求」や「価値観」などを含むことが多い。
感情 + 具体的影響 + 事実 で構成される「宣言のわたしメッセージ」が代表的なもの。
他にも「わたしメッセージ」には適材適所の「型」があります。

参考文献
親業―子どもの考える力をのばす親子関係のつくり方
ゴードン博士の人間関係をよくする本―自分を活かす相手を活かす

理想の結果や、思い込みが真実を見えなくさせます。

=> 揺るがない思考を解いて、真実を観る目を養うために「バイアス」を知ろう

自分の欲求や価値観を探そう!

そして同時に、自分自身の「欲求」や「価値観」を探してみようとしてね。
相手への「要望」ではないよ。自分自身の「欲求」ね。

欲求が見つかったら、それをどうやったら叶えられるかを考えてみてね。
欲求を一気に叶えようとするだけじゃなく、少しずつ叶える方法といった感じでも良いよ。
そして、いくつもの「欲求」が出てきたなら、まずは優先順位をつけてみてね。

価値観らしきものが見つかったら、

  • その価値観を大切にする理由はどうして?
  • その価値観、本当に大切?

という風に、それが自分にとって本物か?
そして、伝えられるようになるために、どうしてそれを大切にするのかを説明できるように具体的に考えてみてね。

この時注意するのは「実際に伝える」ってことは、横に置いといたら良いから。
自分のために、具体的にしていくために「伝えられる文章」にしていく。というだけのことだから。

私、何を言いたいんだろう?
何を言ってるんだろう?

そこを理解するためにするの。

今一番大切にすべき声を探していこう!

この時、複数の声が聞こえてくるのがわかると思う。
複数の声というのは

  • 悪口三昧の声
  • 養護する声
  • 自分を責める声

・・・etc
いろいろな声が聞こえてくるので、最初は本当に言いたいことを見つけるのが難しいかもしれない。

それでも、繰り返し外に出し、眺めていくことで、ある時見えてきます(*^^*)
この「自分を知る」という部分は、本当に時間がかかる部分です。

時間をかけて、ゆっくり自分に付き合ってあげてください。

=> 複数の声のもと「インナーチャイルド」
=> 複数の声のもと「インナーパーソナリティ」

本当の声に耳を傾けるために

  • 真に受けない
  • 決めつけない
  • 形容詞・形容動詞を具体的な言葉にする
  • 1つひとつの「声」を疑ってみる
  • 事実と妄想に分ける

食い違う言い分にある、共通な思いを探ってみよう

自分を知る秘訣

こうやって徐々にでも自分がわかってきたら、次の段階へ進めます(*^^*)
だけど、先を決して急がないでください。

この「自分を知る」秘訣は

  1. 先を急がない(自分を待つこと)
  2. 結果に依存しない(経過を大切にすること)
  3. 自分を疑う
  4. 事実を観る
  5. 事実と妄想を分ける
  6. 形容詞・形容動詞を具体的にする
  7. 具体化と抽象化を繰り返す
  8. 自分の欲求をみつける
  9. 自分の本当の価値観をみつける
  10. 相手の変化や理解を期待しないこと(※後からついてくることが多いです)

結果を急いでもろくな事は起きません。
自分を理解しないまま、方法論に走って相手をコントロールしようとしたり、自分を無理くりコントロールしようとすると、事態をややこしくしてしまいます。
だから、時間をとって「自分を知る」ことに取り組んでくださいね。

このような取り組みの中で

  • どの程度の距離感でいよう
  • 私のスタンスはこうしていこう
  • こういった場合は、こういった段取りをしよう
  • 次回が訪れた時、こんな条件の中こう動こう

などと言った方向性が見えてきます。
その方向性に「納得感」が生まれれば、心の平穏は加速しだします。

程よい距離感を保つ必須条件

自分の「欲求」や「価値観」がわかってきたら、できることが見つかります。
もしくは、お姑さんと会うことや、課題となることに立てられる対策が見つかってきます。
できれば、この「行動できること」を複数出してください。

「行動できること」が見つかれば、問題の半分は解決してきていると言えます。

本当の「欲求」や「価値観」が見つかると、それを達成するための方法はいくつでも見つかります。
小さなハードルの行動を複数出してみてください。

  • 自分の気持ちをぶちまける(ノートに)
  • 相手への働きかけを選んだ時は、シミレーションをしておく。いきなり戦場に出ない。
  • 聞き方を学んでおく
  • 相手の話を聞ける時は聞く
  • 相手の話を聞きたくない時は聞かない
  • 自分の欲求や価値観(思い)を伝えたい時は、わたしメッセージにする
  • わたしメッセージの後は、聞くフェーズにもどる

まずは、ここらへんを意識しておいてください。

まとめ

長文だったので読むのが大変だったと思います、
お疲れさまです。

ここであらためて注意事項があります!
それは、「『関わりたい』と少しでも思えるならする」です。

  • 関わる気はない
  • 縁が切れても問題ない
  • 私は何があっても自分の味方だ
  • 割り切っているから大丈夫

と思えているなら、しなくて大丈夫です(*^^*)

そうではなく

  • 自分を責めてしまう
  • 可も不可もない程度には、関わっときたい

があって、自分が苦しいならやってみてね(*^^*)
いつだって、自分に正直に(^^)
いつだって、自分に優しく(^^)

なにはともあれ、重要なのは自分を知ることです。
これがなきゃ、始まらないと言って良いほどのことなんです。

私は自分のことを、ホント全然わかってませんでした。
相手ば~~っかり見てました。
※実際は相手すら観てなかったと言えますが…(^.^;
※正直何も観えてなかったと思いますが(^.^;

まずは、少しずつ少しずつ自分を観てあげよう。
そして、自分を待ってあげよう。
自分に優しくしてあげよう。

【完全保存版】アダルトチルドレン・共依存・HSP|深層心理の悩み解決ガイドブック
【長引く悩み】【繰り返される悩み】を【解決していくメソッド】を解説。このNote提供者の私は、数年前までシングルマザー歴20年、子どもの不登校・自傷行為・刑事事件…。どうしたこんな事に!?私が何をした?どうして言葉が届かないの?と、悩み苦しむ日々。しかし今では子ども達とは笑顔の日々。3人の孫、3歳年下の夫と仲良し別居婚を楽しんでいます。自分を苦しめるのは他の誰でもない自分。そんな自分が自分にかけた呪いから抜け出したい方は、どうぞ(^^)