ハリボテ優等生から卒業する方法

今自分に思う「ネガティブ面」ってありますか?
私は自分に「 一般的にネガティブだよね」と思う面を持っています。

  • 忘れっぽい
  • ミスしやすい

などは代表的な「私が思う、私のネガティブ面」です。
だけど、これがあることで私は会社勤めの際に

  • しっかり者
  • 工程管理が得意な人

と見られることが多かったんです。
これはネガティブ面が生んだ「ポジティブ面」です。

ネガティブ面が育てる、ポジティブな才能

これはネガティブ面で迷惑をかけないように、恥をかかないように気をつけた結果、生まれたんですよね。
だから私自身「しっかり者だとか、工程管理が得意」なんて一切思っていませんでした。

しかし、会社では「しっかり者、工程管理が得意な人」と評価されていたんです。

ポジティブな才能が、苦しみを生み出す

するとね、これが新たな苦しみを生み出すんです(^.^;
変に評価が高いから、そのギャップに苦しむことになったんです。

そもそもが

  • 忘れっぽい
  • ミスしやすい

人です。

工程管理など任されたら、緊張の毎日ですよ(^.^;
おかげでお給料が高くなったのは、良かったんですけどね。

超苦手な工程管理や案件管理といった「中間管理職」(^.^;
大変でした(^.^;

今思えば、自分で自分の首を締めた感じにも思えます(^.^;
じゃぁ、どうやったら私は自分の首を閉めずに済んだのでしょうか?

ネガティブに思う背景にあるもの

そもそも私の場合

  • 忘れっぽい
  • ミスしやすい

をなくそうとしたのが間違いだったんです。

もうこれ、標準装備なんです(^.^;
標準装備なので、あるもんなんです。

なくそうと、補おうと飾り立てた結果、首を締めることになったんです。
これがあることで、何がイヤかっていうと

  • 怒られること
  • 恥をかくこと

これだったんです。

背景にある欲求を観る

更にこの恐れの背景には、さらなる恐れがありました。
それはこのネガティブ面によって「孤立する恐れ」を感じていたというものです。

この恐怖を抱くそもそもの欲求は

  • 仲間でありたい
  • そこにいたい

その思いです。

そうあるために、ハリボテをかぶり更に自分を追い込んでいたと言えるんです。

だからホントは

  • 怒られることを覚悟する
  • 恥をかくことを覚悟する
  • 傷つくことを覚悟する

これが私には必要でした。

この覚悟がないので、なくそうとするし、補おうと飾り立てる。
その結果気づいたら「ハリボテ優等生」の出来上がり!だったんです。

もろいです。

私は優等生ではないですよ!といくら声を大にして叫んでも、素晴らしいハリボテができているので、誰も信じないんですよ(^.^;
そして、勝手に一人もがき苦しむことになっていました。

ありのまま生きるために大切なこと

だからね、ありのままの自分で生きたい!
なんて思うなら、

  • 怒られることを覚悟する
  • 恥をかくことを覚悟する
  • 傷つくことを覚悟する

はセットです(^^)

覚悟して、それを生き始めると
周りが協力してくれるようになるんです。
一緒に成長してくれようとするんです。

1人じゃなくなるんです(^^)

この覚悟をすることは、とっても怖いと思います。
またこの行動の結果、離れる人もいます。

それでも、立派にできたハリボテを脱ぎ捨てたいなって思うなら、そんな覚悟をほんの少し持ってみるのもありですよ(^^)

あの時より、ありのままを生きて思うこと

今私の身近にいる人は、私の標準装備が

  • 忘れっぽい
  • ミスしやすい

というのを重々理解してくれています。
理解した上で、一緒に協力してくれる人もいれば、それを愛おしいと思う人もいるし、補おうとしてくる人もいます。

どうやらこの私が感じるネガティブ面にも「魅力」があるようです(^^)
ただ「魅力」だけではありませんけどね(^.^;

ありのまま生きるために本当に必要だったこと

そして当時を振り返り、こう思います。
私に必要だったのは、なくそうとしたり、補おうとすることではなく

ゆっくりすること
時間をかけること

これを、自分にゆるすことが必要だったんです。
今はこれらを自分にゆるし、のんびり過ごしています(^^)

あなたはどんなハリボテ優等生ですか?
そのハリボテを脱ぎ捨てるために、何が必要そうですか?

そういった事を少し考えてみてくださいね(^^)