人生の主導権を握るのはいつだって自分自身

叶えたい夢がありますか?
望む未来がありますか?

それを手に入れられると思いますか?
手に入れられないと思えますか?

もし、それを手に入れるのが難しい
私には無理だ…

と感じるなら、
その理由を自分に聞いてみて(^^)

すると
私には特別な能力がないから
私にはわからないから
私は病気だから
あの子がいるから
あの人は他者をわかろうとしないから

といった言葉が出てくるかもしれません。
そんな時は

変わらない
動かない

自分が「選択」してるんだよね。

だってね、
人生の主導権はいつだって自分にあるんだもん(^^)

今は、変わらない。
今は、動かない。

それを選択したいんだよ。

意図的な選択に変える

なんか、こんな風に書くと

変わらないあなたがダメ!
とか
動かないあなたがダメ!
という風に読み取れるかもしれない(^.^;

だけど、そんなことはありません。

変わらない事が大切な時もあるし、
動かない事が大切な時もあるから(^^)

自分を

一般常識的なことで一刀両断すると痛いよ(^.^;
内なる自分が「切らないで~!」って言ってるからね。

だから、ここでよ~く観て欲しい。

もしも、もしも、もしも

自分が
変わらないと
動かないと
選択しているのだとした
それはどうしてだろう?

そんな風に自分に聞いて欲しい。
その答えがすぐ見つかる場合もあるし、そうじゃない場合もあるけど
必ず自分の中から答えが出てくる。

答えが出てきたら、主導権を自分に戻した言葉に変えてみよう。
意図的に生きられるようになるよ(^^)

意図的に生きると力が戻る

ただ気をつけるポイントがあるよ!

それは、こういった言葉を作る時、
無意識に「犠牲者言葉」をチョイスしてないかってこと(^.^;

例えば
『あの人が話を聞こうとしないから、私にはできない』

という場合に
『あの人に私の話しを聞いてもらえないから、私はしない』

となると「犠牲者」のまんま(^.^;
声に出して読むと、わかりやすいよ(^^)

ここでのポイントの1つとして「られた」という言葉は、
結構「犠牲者を生きている時」に使っていることが多いので、チェックしてみてね。

主導権を握り返した例としては
『あの人とともに生きるために話し合ってから、私は始めたい』とかね(^^)

あくまでこれは一例ね。
当人の『本当の目的』によって言葉は変わるから、一概に、こうだよとは言えないんだよね~(^^)

自分の言葉を探そうとしてるだけでも、人生の主導権は徐々に自分に戻ってくるから、焦らずゆっくり確認しながらしてみると良いよ(^^)

意図的に生きるとは、自分自身の「欲求」が明確になること。
だから意図的になろうとしているだけでも、自分に力が戻ってくるから!

自分を生きる自分を諦めない
フィードバックコーチ
栗田野愛(^^)