たくさん学んでは、実践してるのに現状が変わらないとうんざりしますよね。
またそれで返って自分に力がないように感じて、更には自己価値がないようにまで感じてしまう…
なんてこともあるのではないでしょうか?

私はありましたよぉ~(;・∀・)
なかなか思うようにならないし…
というか、想定外で悪い方に向けてしまったように感じたりでね。

私は何もしないほうが良かったのか?
あぁ、またバカを見た><;
あぁ、私には何もできない><;
なんてなんど思ったことでしょう(TOT)

しかし、それでも大丈夫でした\(^o^)/

それはね、行動を成果に繋げる振り返る(フィードバック)方法がわかったから!
これがわかると、1回の行動が「無駄」には終わりません。
必ず「成果」に繋がるようになってきます\(^o^)/

そうなるとね、
徐々に自己価値もむくむくと復活しだしてくるし
行動がかる~くなってきます(^^)オモクルシクナイ!

行動が軽くなるので、さらなる成果をつかみやすくなってきます♪

失敗も成功もない!あるのは…

私たちが行動した結果に、失敗も成功もありません。
あるのは「気づき」だけです。

その「気づき」をいかに使うかなだけです。

種を植えたら、木が育ち、りんごの実になった。

そのりんごの実に全く価値を感じない人は、あぁあの時うっかり種を蒔いてしまったせいで、こんな大きな木がなって実までできて、虫は寄ってくるし鳥は寄ってくるし…切り倒してしまえ!あぁ!めんどうだ!
となるかもしれません。

しかし、そのりんごの実に価値があると感じる人は、木を眺めて悦に入ったり、食べたり、売り出したりするかもしれません。

できたものは同じ「りんごの実」です。
それをどう見て、そこから何を考え、そして次にどんな行動に移していくか。

ただそれだけのことなんです。
観える気づき(成果・結果・経過)も同じことです。

成果に結びつけるために

目の前の出来事や現象から、何を観るかは人それぞれです。
そして同じ人であっても、その時の体調や状況、環境によっても見えてくるものは違ってきます。

出来事も、現象も、ただ起こっているだけです。
そこに意味をつけるのは、人間です。

人間はより多くの意味をつけられる「感性」を備えています。
自由に意味をつけていくことができます。

だからこそ、1回の行動を成果に結びつけていきたいなら、その行動を起こした時の「思い」「願い」を胸にいだき、大切にしてください。
時に、その「思い」や「願い」が間違っていた!と感じることもあるでしょう。

しかし、それもただ間違っていたのではなく何かに気づくために、一旦それを願う必要があっただけのこと。
思いや願いは、玉ねぎの皮を向くように、徐々に洗練させていけば良んです。

そうやっていくうちに、気づいたら本当の願いが叶った現実に、心地良くくつろぐ自分にハタと気づきますよ(*^^*)

行動したのにうまくいかない…
思ったような成果がでない…
自分には何もできない…
自分にはムリなんだ…

そんな風に思えてきたら

そもそもの「思い」は?
そもそもの「願い」は?

立ち返ってみてください。

無駄な行動などありません。
無駄にするか、しないかだけです。

だから、大丈夫なんです♪
あなたの行動を成果に結びつけるかつけないかは、振り返り方次第ですよ(*^^*)

自由な自分を生きる
フィードバックコーチ
栗田 野愛