心が安定している人と、心が安定していない人の違いって何でしょう?

それは・・・

黙って落ち着いて
話を聞いているイメージを与えているか
どうかの違いです(*´∀`*)

自分の反応に振り回されていたり
解決を急いでしまうと

早急に答えを出そうとしてしまうし
早急に相手や自分をラクにするアドバイスを探そうとするし
早急にスッキリしようとしてしまうんです。

そんな態度でいると
心が安定しているようには見えない。

心が安定しているようには見えないから
相手は怖さや、危うさを感じてしまう。

そして反応し合って、思いもよらぬ方向へ進んでしまい、関係をこじらせてしまいます。

では心が安定している人は、いつでもどんな時も安定しているのか?

というと・・・
実はそうではないです(汗)

“人間だもの”です。

ただ彼らは、
自分に反応が起きた時の対応法を知っていて
それをただ実践しているだけ
です。

心が安定している人が実践していること

心が安定しているように見える人は、心が乱れた時は

  • 黙る
  • 人と会わない

を極力選択しています^^

言葉や意見を発する前に、人に会う前に、自分を整えることに時間を取るんです。

心が安定しているように見える人は、黙ります。
心が安定しているように見える人は、聞けない時はその場を離れます。
心が安定しているように見える人は、心が安定している時に人との接触をします。

そのために普段から「自分を整える時間」を取っています。

心が安定しているように見える人と、心が安定してないように見える人の違いは、自分を整える方法を知っていて、普段からそれを実践しているかしていないか。
ただ、それだけの違いです。

自分を整える方法については、こちらを参考にしてください。
※無料範囲でも役立つはずです

人の顔色をうかがって言いたいことが言えないネガティブ反応を✨幸せパワー✨に変える11のSTEP

【完全保存版】アダルトチルドレン・共依存・HSP|深層心理の悩み解決ガイドブック

自分を整えるのは1人でもできます。
ただしかし、自分で自分を見るには限界がある時もあります。
そんなときは、コーチ・カウンセラーを上手に活用してくださいね(*´∀`*)

このように自分を整える事に注力することで
丁寧に自分を伝えることができるようになったり
相手の話を黙って聞けるようになったり

ホントの問題にフォーカスした解決策が見つかったり
問題をこじらせない心地良い選択をしていくことができます\(^o^)/

心を安定させてこそ対応力が生まれる

この世には、いろんな欲求や価値観を持った人がいます。
だからこそ、多種多様な問題(悩み)が生まれます。

そしてその悩みは

  • 簡単に解決できるもの
  • 解決に時間がかかるもの
  • 環境改善で解決するもの
  • 見本となることで解決するもの
  • 聞くことで解決するもの
  • 伝えることで解決するもの
  • 離れることで解決するもの
  • 工夫を重ねることで解決するもの
  • 身体を整えることで解決するもの

と様々です。

そして、こういったことが入り乱れて大きな悩みとなっていることがほとんどです。
だから、反応してスグにどうにかしようとしないのが大切です。

だからと言って無理に、反応を止めるのも良くありません。
反応は自然に起こるものです。
そして、眺めていれば(待てば)自然に収まるものです。

反応を止めようとすると更に悩みが深くなりますから、反応は収まるのを待つのが一番です。

そして反応が緩まったら、自分を整える時間を作ります。
そうすることで

  • 出来事
  • 事実
  • 思い込み
  • 感情
  • 思考
  • 身体の反応
  • 欲求
  • 価値観

などが見えてきます。
すると

  • 問題の所有者は誰か
  • どの解決策が適切か
  • どの問題から解決していけばよいか

といったことがわかります。

ココまでくれば、解決しやすい問題から少しずつ、心から納得できる選択、心地良い選択で解決していけるので、どんどん自分が軽やかになっていきます^^
解決に時間がかかる問題は、体力も時間も使うので、時間がかかると見極められたなら、身体を整えることに時間を使います。

すると、身体が整うので思考がクリアになり脳が活性化してきます。
脳が活性化するので、問題解決力・対応力が養われていきます。

それにより、心地良いと思える時間が増えていきます(*´∀`*)
そういった事が度重なってくると、心が安定している時間が増えてきますよ(*´∀`*)

自由な自分を生きる
フィードバックコーチ
栗田 野愛