「ガスの元栓締めたかしら?」
「これで良いのかな?本当に大丈夫かな?また叱られないかな…」
「あの子がこのまま、人生を駄目にしたらどうしよう…」

と、四六時中何かを心配して過ごすのは疲れますよね。
だけど、子どもの頃から心配性を鍛えてきた人は、なかなかこの視点から抜け出せません。

今日はそんな心配性が、あなたの力に変わる方法をお伝えします^^
興味ある方は、読み進めてくださ~い♪

心配性は、あなたの敵ではありません!

心配性は抜け出したくても自動思考で、どんどん湧き出てくる・・・><;
もう、イヤだ!と思っても、次から次へとやってくる…
ふぅ~~~。。しんど。。。
能天気そうに見える、あの人が羨ましい…
なんで私はこうなんだ…

どんどん自分がイヤになる。
そんな方に知って欲しいこと。
それは…

心配事の98%は起こりません。
そして心配性は、あなたを必死で守っています。
あなたが傷つかないように。
あなたが平和であるように。

それこそ、必死であなたを守ってます^^

心配性を強み・力に変える

そんなあなたの「心配性」に、キャラを立ててみてください。
人間ですか?動物ですか?
大きいですか?小さいですか?
色は何色ですか?
冷たいですか?温かいですか?

どんどんイメージを広げて、心配性を立体化していきましょう。
立体化出来たら、イメージの中であなたの目の前に置きましょう。
イメージでは難しい!という方は、絵に描いても大丈夫です。
絵に描いて、あなたの目の前に置いてください^^

置けましたか?
置けたらそのキャラに、思いの丈を話してください。

恨み辛みでも大丈夫です。
感謝の言葉でも良いです。
何でも良いです^^

話し終わったら、そのキャラから聞こえてくる声を聞こうとしてみてください。

黙ってますか?
話していますか?
どんな反論をしていますか?
どんなストーリーを話し出しましたか?
表情はどんな感じですか?

そしてあなたが感じ取った言葉を、紙に書き出してください。
これをしばらく続けてみてね!

どんどん視点が変わり、自分のことが以前より好きになり、心配性があなたの強み・力となっていきますよ^^